NAVERまとめの報酬の仕組み

NAVERまとめとはユーザー参加型のニュースキュレーションで、ユーザーが各サイト・SNSなどの記事の1部をまとめ記事として引用として、汎用性の高い記事にしていく、つまり「短くてかんたんに読みやすいもの」にしていくことです。

記事を作成し、人気記事となれば「インセンティブ」という報酬を得られるがこの仕組みについて未だ多くのユーザーが理解が進んでいないようなのでここで詳細にわかりやすく説明します。

まとめインセンティブ制度を説明するにあたり専門的な用語がいくつか登場するので必要最低限は知っておく必要があります。

1:VIEW
各まとめ記事の右上や一覧ページなどに記載されている数値で、これは記事ページの延べPV数を表しています。
一番確認しやすくわかりやすいのですが、まとめインセンティブにおいては全く関係のない数値。
また、次の「ページビュー」と恐ろしく混同しやすいですが、別の指標。

2:ページビュー(PV)
まとめを作成した後でまとめ作成者が管理画面から見ることのできる数値。
VIEW数と間違えやすく、また「ページビュー」という一般的なWEB用語がつけられていますが、実際のページビューとは異なりますので注意。
まとめ作成者が管理画面上から確認できる数値で、このPVがインセンティブ計算をする上での実際の指標です。
この指標の正確な定義は非公開であるものの、「記事ごとのユニークユーザー数」であろうと推測できます。
このためVIEWよりも少ない数値が出ますし、記事のF5連打をしてもカウントは増えません。

3:ポイント
まとめ作成者が管理画面から見ることのできる数値。
PVをベースにNAVERの独自評価基準で算定される報酬確定のための指標となります。
この評価基準が非公開であるため、とてもイメージがしにくいのですが、説明会での公式発表によれば「PVの10分の1ほどがポイントになるという感覚」であるそうです。
このポイントの評価基準は「記事の品質」などは見ておらず、PVのうちの無効なアクセス分を排除したものとの説明がありました。

4:レート
基本的には先述のポイント×0.2円が実際のポイントとなり、このポイントあたりの金額がレートとなります。
通常は0.2円ですが、後述する「奨励制度」により、ポイントあたり0.4円や0.7円になることがあるのです。

5:奨励金制度
これは優良アカウントに特別レートが与えられる仕組みです。
NAVERまとめ側のサイトヘルプでは、「奨励金制度とは、優秀なまとめ作成者の皆さんの活動を支援することを目的としたもので、一定の基準以上の高い成果を残したまとめ作成者の皆さんに対して、通常のインセンティブ制度に比べて高額の奨励レートを適用する制度です。」と記載があります。

つまり、
PV(実際にページが閲覧された数)×10分の1 = ポイント(直接報酬にかかわる指標)

となり、

ポイント × レート(通常0.2程度)= インセンティブ(報酬)

と理解されます。

そしてこのPVあるいはポイントをまず稼いでいく必要があります。
これは「できるだけ多くの人に見てもらう」ということです。

それらの方法でまず自分でできる方法が「SNSで拡散」させることです。
各SNSのその実践している拡散法をご紹介します。

①Twitterのアカウントで拡散
②Facebookでシェアする
③LINEのタイムラインにのせる
④自分のHP・ブログを作成しリンクさせる
⑤はてなブックマークに登録する

この各SNSを使用した拡散のポイントは後日公開いたします。

 

月間70000万ページビューを超えるサイトの構築に成功しました。

是非参考にしてみてください。

Naver まとめ

 



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中