【Swift】UIViewにタップジェスチャーを実装

UIViewにタップジェスチャーを実装

private func addGesture() {
let singleTap = UITapGestureRecognizer(target: self,
action: #selector(self.didTapProfileField(sender:)))
self.profileField.addGestureRecognizer(singleTap)
}

func didTapProfileField(sender: UITapGestureRecognizer) {
print("single")
}

UIViewにタップジェスチャーを実装(subscribe)

private func addGesture() {
let tapGesture = UITapGestureRecognizer()
tapGesture.rx.event
.subscribe(onNext: { _ in
print("single")
})
.addDisposableTo(self.disposeBag)
self.profileField.addGestureRecognizer(tapGesture)
}

UILabelやUIImageViewは特別

UserInteractionEnabledにチェックを入れなければ上記記法で検知できません。

【参考資料】

詳解Swift 第3版 [ 荻原 剛志 ]

詳解Swift 第3版 [ 荻原 剛志 ]

価格:3,456円
(2017/1/3 01:58時点)
感想(0件)

【スポンサーサイト】


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中